ブログトップ
國學院時代
大学の卒業を控えた4年生の冬に、國學院大學神道学専攻科の入試を受験しました。
受験科目は、たしか国語と日本史。

大学は数学科でしたので、言ってみればバリバリの理系です。一般教養科目もありましたが、ほとんどの授業は数学ばかりで大学4年間を過ごしてた訳です。
さかのぼって言えば、大学で数学科に進んだと言うことは、高校の時から理系クラスにいた訳でして、そんな僕が「国語」と「日本史」で受験をしなくてはならない、なんて正直キツかったですねぇ~
おかげさまでなんとか合格させていただき、無事國學院大學神道学専攻科に進学することができました。

専攻科は基本的に1年間のコースですが、70単位余りの専門科目を取らなければならず、いってみれば2年分の専門科目を履修している感じです。
毎日1限目から5限目までびっしりと講義がありまして、授業が終われば午後6時前、と言う日々が毎日続いてかなり大変でしたね。
しかし、國學院大學は渋谷の繁華街に徒歩10分という好立地条件?でしたので、よく級友達と渋谷センター街に飲みに行っておりました。なつかしいです。

なんとか、すべての単位を取るができまして、無事1年間で卒業させていただくことができました。
専攻科修了後は、呉に帰って参りました。
[PR]
by kameyama_shrine | 2004-12-25 13:21 | 管理人プロフィール